マリオテニスGB シングルス・ダブルスをクリア

公開 2016.07.02 (土) 更新 2016.07.15 (金)
マリオテニスGB 01
マリオテニスとしては珍しくオリジナルキャラでストーリーモードを楽しめるゲーム。育成でキャラを自分好みに成長させるのが醍醐味。




マリオテニスGB
  • 公式サイト

マリオテニスGB | ニンテンドー3DS | 任天堂
  • VC紹介ページ

マリオテニスGB 02
主人公とダブルスのパートナーは男女好きな方から選べる。男女ペアにすると相部屋という…。

ストーリーはジュニアクラス → シニアクラス → 選抜クラスを経て大会に出場という流れ。

シングルス・ダブルスで特にストーリー変わらないけど、ダブルスは経験値上がりやすくなるラケットとシューズを手に入れてからの方が効率良いかと。

マリオテニスGB 03
トレーニングコートで実践を交えたテクニックを学べるのが良いところ。テニスの知識が皆無でも講座が終わる頃にはそれなりのテクニックは身に付いているはず。

他にもロブやドロップショットの講座もあるけどサーブのテクニックは特に重要。毎試合6ゲーム3~5セットマッチでやたら長引くのでサーブで速攻できるとだいぶ違う。

マリオテニスGB 04
試合で勝つと貰える経験値で能力の振り分けをするのが何より楽しい。パワーを上げるとスピードが下がったりするので好みに合わせて微妙な調整が必要。

個人的な重要度はコントロール > パワー >> スピード >>>>> スピン。コントロールが低いとラリーが延々終わらないし、パワーは言わずもがな、スピードは低くても何とか勝てるけど少々きつい。

でもネットプレイがやたら強いこのゲームではスピンを上げなくてもまず問題なかったりする。上の画像はスピン以外を10に保ちつつ、スピンのレベルを最大まで上げた限界値。

マリオテニスGB 05
ラケットやシューズに種類あるけど鉄と能力変わらないノーマルだけでも十分だったり。

入手経路が特殊なドライブラケットはシングルスで選抜クラスになった後、スピンがパワーのレベルを5以上上回ると手に入る。性能ははっきり言ってゴミなので全く使う機会はない。というかこれググッて初めて知ったけど攻略サイトとか見ないとまず知らないのでは。

ラケットの能力上限はこんな感じ。鉄は経験値1.5倍で銀と金はどちらか片方しか手に入らない。
ラージスモールドライブ
トップスピン-213
スライススピン-21
サーブ-2-12-2-12
ストローク-2-11-2-12
ボレー-23-1
アングル2-21-1
プレース1-21
-6-31-132

マリオテニスGB 09
ラケットやシューズで微調整するならサーブ・スピード・ダッシュを10、コントロールをラケットの効果で8、残りをスピンに割り振るのがそこそこバランス取れててお気に入り。

金のラケットは10秒でボタン150回連打が無理ゲー過ぎて諦めたわ…。

マリオテニスGB 06
ミニゲームはルイージのシューティングスターに当時ハマったなあ。VCだとまるごと保存で軽くカンストできるのがちょっと虚しい。

マリオテニスGB 07
いつものマリオテニスの様にエキシビションも遊べる。

自機キャラの経験値稼ぎは鉄のシューズ履かせてラブを虐めるのが一番効率良いと思う。とにかくサービスエースを狙って入らなければスマッシュかドロップ辺りを決める。相手のサーブにはロブすればリターンエースを決めやすい。

画像は6ゲーム5セットマッチで経験値1339だったかな。パワーとコントロールを最大にしていれば1200前後は安定して稼げる。

マリオテニスGB 08
当時はやたら曲がるドロップショット打ってくるスパイクに苦戦したのに今やったら軽く倒せて若干拍子抜け。でも自機キャラとして使うと独特の操作感で地味に難しい。

それよりダブルスで最後に戦うピーチが妙に強いのは何なのか。マリオはただの雑魚なくせに一国の姫がボレーの鬼って…。

クリアステータスを全部埋めるまでの時間は11:29。サーブとリターンエースでCPU嵌めたら4:24(ゲーム内時間)と半分もかからなかったし頑張れば4時間以内にクリアできそう。

関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top