Chrome 新UIのマテリアルデザインを無効にする

公開 2016.09.22 (木) 更新 2016.09.22 (木)
Chromeマテリアルデザイン 01
Chrome53へのアップデートでUIが変わってなんだか見づらくなったので元に戻してみる。ついでに旧UIと違うところをまとめてみた。




アドレスバーに「chrome://flags/#top-chrome-md」を入力。

Chromeマテリアルデザイン 02
「ブラウザのトップ chrome 部分でマテリアル デザインを使用する」で
"規定" → "マテリアルを使用しない"に変更し、"今すぐ再起動"をクリックで完了。


Chromeマテリアルデザイン 01
改めて見比べてみるとアイコンデザインやアドレスバーの文字の大きさ、アイコンにマウスオーバーしたときの挙動など地味な所が結構変わってたりする。

更にじっくり見比べると新しい方は縦幅がほんの少し長くなったのが分かる。メニューバーの画面占有率が上がるのはちょっとウザいかも。


Chromeマテリアルデザイン 03
ページ内検索はかなりデザインが変わって横に短く、縦に長くなった。検索結果がないときに赤く表示されなくなったので若干分かりづらい。


あとこの記事を書くにあたって比較画像のスクショ撮ってて気づいたけど新UIの方が少し軽くなってる気がする。

全画面(1366×728)でスクショを撮るとこんな感じ。表示内容によってかなり差は出る。
旧UI新UI
新しいタブ103.46KB91.34KB
Google検索結果80.09KB65.58KB

使いづらくなった代わりに一応軽量化はできてるということでいいんだろうか…。
関連記事

Tag: | Category: ブラウザ Chrome | Comment(2)
コメント
これ、ブックマークバーの所をマウスオーバーしても分かりづらいのと、右クリックメニューでカーソルを合わせた時の青色がすごい薄くなって本当見づらくて困ってたのでとても助かりました
| 2016.09.28 05:32 | 編集
最近、無効にしてたのにまた勝手にマテリアルになってしまいました
しかも上記の方法で出来なくなってませんか?
何かいい方法ないんでしょうかね・・・
| 2016.12.15 07:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top