フリーソフトやChrome拡張機能の使い方、ゲーム攻略、漫画感想など雑多な内容。

3DSバーチャルコンソールの仕様

0 Comments
RYO
3DSVC 05
3DSVCの仕様で知らないことが結構あったので色々とメモ。取説の「VCで使える機能」に気づいた点を補足してみた。

◆VC中断機能

ゲーム中にHOMEボタンを押すとゲームが中断され、そのときの状況が自動的に保存される。そのままゲームを終了すると次回起動時に中断したところから開始する。

中断中にMiiverseに行けばアルバムにスクショが保存できて便利。



◆VCメニュー

ゲーム中に下画面をタッチ(X長押し)するとVCメニューが表示される。

「まるごとバックアップ機能」が有効か無効かでメニューの内容が変わる。

▼まるごとバックアップ機能
3DSVC 01
ゲームの内容を好きなタイミングでバックアップできる機能。バックアップしたデータは上書きするまで消えないので難しいゲームを楽にクリアしたり、EDをすぐ見られるようにしたりと使い方は様々。

有効・無効を切り替えるにはVCメニューの表示中に「R + START + X」を同時に押す。

ゲームを進めた後にかなり前の「まるごと復元」をするとデータが一気に消えるので注意。

大事なデータは3DSの本体設定からデータ管理 → セーブデータのバックアップ管理をしておくといつでも復元できて安心。クリアデータを残したまま最初からプレイすることもできる。



◆GB・GBC風の画面にする

3DSVC 04
HOMEメニューでソフトのアイコンを選択するときにSTART(SELECT)を押したままにしておくと当時の画素数を再現できる。元に戻す場合は一旦ゲームを終了させて通常起動。

3DSVC 03
ゲームを遊んでいるときに「L + R + Y」でGB風の画面色にできる。こちらは同じコマンドを入力すればいつでも元に戻せる。

3DSVC 05
上記2つを組み合わせることも可能。

3DSVC 02
GBCは画素数の再現のみ。しかし当時はよくこんな小さい画面でゲームしてたなあ…。



■その他

ボタンの割り当ては大体当時のままだがYはSELECTに対応。Xは長押しでVCメニューが開く。当時の癖が染み付いてると咄嗟にY押すのは地味に難しかったり。

通信ケーブルがないので通信機能に関わる部分は遊べない。ポケモンの赤緑青ピカチュウverなど極一部のソフトでは対応しているとか。

HOMEメニューから見られる取説は当時の紙のものよりかなり詳しく、アイテムの仕様からちょっとした小技まで載っているので読んでおくと役立つかも。

基本的に当時の仕様のままなのでバグ技も普通に使える。まるごと復元と併用するとタイム・スコアアタックのあるゲームで擬似TASのようなことも可能。

関連記事
RYO
管理人RYO

Comments 0

There are no comments yet.