フリーソフトやChrome拡張機能の使い方、ゲーム攻略、漫画感想など雑多な内容。

0 Comments
ポケカGB 12
CPU相手にナッシーのたまなげMAXでどれだけダメージを与えられるか試してみた。ディグダが41匹も消し飛ぶとかちょっとやり過ぎたかな…。


試すきっかけになった動画。これは通信対戦を利用してコイントスの限界に挑戦したもの。

自分のデッキ内容は「ピッピLv14」「ギャンブラー(裏で手札を減らす)」「無色2個エネルギー」*4「基本エネルギー」*54。
相手のデッキ内容は「タマタマLv14」*4「ナッシーLv35」*4「ビリリダマLv10」*4「マルマインLv35(エナジーコントロール)」*4「ギャンブラー(デッキの補充)」*4「基本エネルギー」*40


VCだと通信対戦ができないのでCPUの攻撃をやり過ごしながら大量のエネルギーカードを付ける必要があり、動画とは全く違う戦法が必要になってくる。

そこで白羽の矢が立ったのがクラブマスターゲンゾウの「がんせきおとしデッキ」。

闘エネルギー×24
無色2個エネルギー×4
ディグダ×4
ダグトリオ×2
イシツブテ×4
ゴローン×3
ゴローニャ×2
イワーク×3
サイホーン×3
オーキド博士×2
ポケモン育て屋さん×1
エネルギーリムーブ×2
ポケモン入れ替え×2
パソコン通信×1
ディフェンダー×2
傷薬×2
いい傷薬×1

このデッキは全てのポケモンが闘で構成されていてナッシーで弱点が突け、一部を除いて闘に抵抗力があるポケモンなら何十ターンもダメージを食らうことなくやり過ごせる。

オーキド博士とエネルギーリムーブが少々厄介。


そして用意したデッキがこれ。もっと良いデッキ作れそうな気がするけど自分にはこれが限界。

草エネルギー×46
無色2個エネルギー×4
フシギダネ×1
フシギバナ×1
タマタマ×1
ナッシー×1
ストライク×1
ミニスカート×1
ポケモン育て屋さん×1
リサイクル×3


手順は以下の通り。要所要所で3DSのまるごとバックアップでリセットが必要。

最初の手札7枚に何とかストライクを持ってくる。手札にいなければリセット。

毎ターンストライクに草エネルギーを付け続け、残りサイドカードが1~2枚になるまで倒す。最後のサイドカードがリサイクルになれば完璧だけど難易度跳ね上がるので草エネルギーで良いかと。

途中でオーキド博士を使われたらリセット。山札が半分を切ったらあまり使ってこない気がする。

こちらのサイドカードが1~2枚でバトル場にいるのがストライクとイワークになるようにする。イワークや他のポケモンにどれだけ闘エネルギー付いてるかで控えを出すパターンが変わるっぽいのでリセットで調整。

イワークを前に剣の舞を連発していると滅多に交代されないのを利用して、その間にナッシーとフシギダネを控えに用意。無色2個エネルギーはできるだけ後からナッシーに付ける。

どちらかの山札が0になったらミニスカートで両者の手札のトレーナーカードを山札に戻す。これで手札に余っている草エネルギーをナッシーに付ける余裕が3~5ターンほどできる。

次に山札から引くカードをリセットで確かめながらリサイクルを使う。大抵エネルギーリムーブを使われてトラッシュに草エネルギーが2枚あると思うのでリサイクルで2枚とも山札に戻したい。

こちらの山札が0~1になったらポケモン育て屋さんでフシギバナを用意。特殊能力のエナジートランスでストライクの草エネルギーをナッシーに全て移す。

上の方で剣の舞をやってれば交代されないと書いたけどミニスカート使った後だと話は別。ギリギリで控えのゴローニャかダグトリオを出してくることが数回あった。ストライクかフシギバナを犠牲にしてでもナッシーに草エネルギーを付け続ける。

最後の1~2ターンは山札に気をつけながらナッシーのたまなげMAXで完了。余程リサイクルの運が悪くなければ50回はコイントスができる。


ポケカGB 14
自己ベストはコイントス53回。サイドカードにリサイクルが1枚あって、残り2枚のリサイクルが成功すれば54回はいけるはず。

ゲンゾウのサイドカードにエネルギーリムーブがあればリサイクルに頼る回数が減るけど望み薄か。


あと上の動画では確認できない現象があった。

ポケカGB 13
普通は攻撃を受けたポケモンの上にダメージを表す数字が流れるのに対し…

ポケカGB 12
1000以上のダメージではポケモンの上に数字が全く表示されない模様。

その上、「弱点で****ダメージをうけた」が一瞬で消えて「〇〇はきぜつした」と表示されるのでスクショ撮るのが地味に難しかったり。


たまなげMAXはかなり運試しなところがあるし、他のCPUや戦法を使えばもっと効率的に大ダメージが出せると思うので根気のある人は試してみては。弱点が草の闘がデッキに入ってる相手なら割と誰でも同じことができるはず。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.