フリーソフトやChrome拡張機能の使い方、ゲーム攻略、漫画感想など雑多な内容。

0 Comments
ぶんぶく1・2巻 表紙
化け狸の女の子と化けられない狸のお兄ちゃんの日常を描くシュールギャグ漫画。何かと他の動物と混同されがちな狸について妙に詳しくなる。

『ぶんぶくたぬきのティーパーティ』森長あやみ | まんだらけWEBコミック ラザ
元はWEB漫画なこともあり、サイトで序盤とまだ単行本になってない部分がかなり読める。


ぶんぶく1・2巻 01
開始早々の出落ち感。普段から人間に化けている化け狸のふみと、人間に化けられない代わりに幅広い教養と豊富な知識を併せ持つお兄ちゃんとの掛け合いが中心。

ぶんぶく1・2巻 02
お兄ちゃんは見た目がまんま狸なのもあって日頃の扱いが犬畜生と同レベル。ニオイの元と言われたり、小屋ごと島流しにされたりとある意味犬以下の扱いかもしれない。

ぶんぶく1・2巻 03
夕食がカニ鍋でもキャンプでカレー作ってもやはり犬扱い。基本的に1ページ6コマで完結していてオチもしっかり用意してあるせいか、少しコマ数が増えた4コマ漫画って感じがする。

ぶんぶく1・2巻 04
試しに画像検索してみるとアライグマどころかレッサーパンダまで平然と混ざってて笑う。

ちなみに英語で「raccoon dog」と検索すればそんなに他の生き物混ざらないけど、raccoon自体がアライグマって意味だからお兄ちゃん的にはやりたくないだろうな…。

ぶんぶく1・2巻 05
帯で"たぬき漫画の決定版"と謳っているだけあって狸に関するコラムもある。違いが一目瞭然の尻尾はともかく、顔や足の模様はこれ見るまであまり気にしたことなかったかも。

ぶんぶく1・2巻 06
最初はいちいち酷い目に遭うお兄ちゃんがツボだったけど、読み進めていくうちにお母さんが一番気に入った。やることなすこと物騒過ぎてこの人だけは敵に回してはいけない感が凄い。

ぶんぶく1・2巻 07
そんなお母さんも学生時代は自分の在り方に悩む割と普通の女の子。この後どういう経緯であの性格が形成されたのか地味に気になる。

ふみとお母さんって顔のパーツほぼ一緒なのに後者の方が断然可愛く感じるのはやっぱ口元のせいだろうか…。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.