フリーソフトやChrome拡張機能の使い方、ゲーム攻略、漫画感想など雑多な内容。

0 Comments
New2DSLL比較 01
最近3DSの調子が悪くてNewのどちらか欲しいなと思っていたタイミングでNew2DSLLの発売決定。New3DSLLとの違いが気になって比較してみたが立体視のオミット以外にも細かい違いがある模様。



公式サイトの価格と「主な仕様」から違う箇所を抜粋。色分けは適当。
Newニンテンドー2DS LL|Nintendo
本体の主な仕様 | ニンテンドー3DSシリーズ|Nintendo
本体の主な仕様 | ニンテンドー3DS/3DS LL|Nintendo

Newニンテンドー2DS LLNewニンテンドー3DS LL
価格14980円+税(税込16178円)18,800円+税(税込20304円)
発売日2017年7月13日2014年10月11日
サイズ縦86.36mm×横159.36mm×厚さ20.8mm
(折りたたみ時)
縦93.5mm×横160mm×厚さ21.5mm
(折りたたみ時)
質量約260g
(タッチペン・microSDカードを含む)
約329g
(バッテリーパック・タッチペン・microSDカードを含む)
上画面ワイド液晶
裸眼立体視機能付きワイド液晶
(3Dブレ防止機能搭載)
タッチペンNewニンテンドー2DS LLタッチペン
[JAN-004] 約69mm
Newニンテンドー3DS LLタッチペン
[RED-004] 約86mm
使用電源
バッテリーパック
バッテリーパック[SPR-003]
バッテリー
接続時間
3DSソフトをプレイする場合:
約3時間30分~6時間30分
DSソフトをプレイする場合:
約5~9時間
3DSソフトをプレイする場合:
約3時間30分~7時間
DSソフトをプレイする場合:
約7~12時間
その他入力3Dボリューム:3D表示の立体深度をスムーズに変更可能
入出力端子充電端子
サウンド下画面左右のステレオスピーカー
(疑似サラウンド対応)
上画面左右のステレオスピーカー
(疑似サラウンド対応)

全体的に微妙に小さくなったぐらいで69gも軽量化。バッテリーの持ちとタッチペンの短さが少々気になるが、立体視使わないなら3820円の差はかなり大きい。

質量のバッテリーパックは単に記入漏れなのか重さに含まれてないのか不明。(たぶん前者だろうけど)


New2DSLL比較 02
クリックで拡大。公式の画像スクショして繋げただけなので無駄にでかい。

使用時に気になりそうのはHOMEボタンとスピーカーの位置、カードスロット辺りか。

通常の3DSと比べると電源ボタンやSTART/SELECT、タッチペンホルダーの位置も違うが、基本的にNew2DSLLの方が使いやすそうに見える。

New2DSLL比較 03
カードスロットはカバーが付いたことでソフトの飛び出し予防になるし、New3DSLLと違ってバッテリーカバーを外さなくても手軽にSDカードが取り出せるようになって良いこと尽くめ。


値段や性能的にNew2DSLLかなり欲しいけど、個人的にボタンの色がイマイチなのと、Newでしか遊べないSFCのVCがどのくらい出るかも気になるので新色待ちで様子見することになりそう。

あとはNew限定で良いからGBAのVC出てくれればなあ。アンバサダーや性能的にどうなのかという話は置いといてGBAも遊べれば言うこと無いのに。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.