フリーソフトやChrome拡張機能の使い方、ゲーム攻略、漫画感想など雑多な内容。

0 Comments
ようかい4巻 表紙
妖怪から人間への大胆なイメチェンを果たした無垢とその御一行による沖縄修学旅行編。スピンオフで色々拗らせた親御さんも絡んできてまたもや波乱の展開。

ようかい4巻 01
南国沖縄といえばやはり海という事で同作者の漫画では(本編)初の水着回。今までファミレスとか役所とかの職場がメインだったからそりゃ本編ではやれないよねえ。

巻頭カラーがこの2人だけなのは誰かさんが胸囲の格差社会を回避したかったために違いない。

ようかい4巻 02
明日には妖怪に戻るし今やれることを全力でやろうとする無垢。篤志が恥ずかしくて全力の7割でって言ったのに抑えてる要素が見当たらない…。喋れないのを良いことに迫るとかこの人強かだわー。

ようかい4巻 03
ここで寿々の好意に気づいたのかと思いきや、この後の展開を見るに全然全く気づいてないな!寿々が「七と十八"も"」って何回も言ってるのに先輩どれだけ鈍感なんだ。

でも着物姿は可愛いと思われてるみたいだし進展あるようなないような微妙なところ。

ようかい4巻 04
本人そっくりの幽霊(幽体離脱中の母親)に取り憑かれたしのぎに何やかんやで告白。でも流れ的にこれしのぎ本人な気がする。逆に抱き付いたときは前後のコマで片眼閉じてるし母親っぽい。

ようかい4巻 08
その後復活したしのぎ母は初登場時の見た目以外はかなりまともで親世代のキャラとしては一番好きかも。言動や立ち振舞いのせいで母親というよりお婆ちゃんっぽいけどそこがまた良い。

ようかい4巻 05
弱っちい美園にしてはナナメの方向にかなり頑張った感。いつも酷い目に遭わされてるしたまには襲う側に回るのもいいよね。

この後の無垢の爆弾発言はボケやツッコミ待ちじゃなくて素で言ってそうなのがなんとも。

ようかい4巻 06
死者蘇生を拒否する理由が無駄に現実的で笑った。普通に妖怪がいる世界だしなんとかなりそうな気もするけど幽霊生活を存分に満喫してるし今のままだとやらなさそうか。

笑い飛ばしつつも先生としては複雑な心境だろうねえ。


3巻に引き続きスピンオフ「氷点下の彼女に何かようかい」の後半を収録。時系列的にこちらを先に読んだ方が本編でのいざこざが分かりやすい感じ。

ようかい4巻 07
氷華は仲直りしたいのに2人とも「自分はいいから氷景(花火)と仲直りして欲しい」なんて言ってきたらそりゃ怒るわ。

言った本人達に自覚ないのが問題だけど別に仲直りしたくないわけではないし、そのうち本編で氷景が再登場しそうだから次巻かその次辺りで解決できそうな予感。


ようかい4巻 09
最後に4巻で特に勢いあって気に入ったコマで〆。先輩最初は篤志の敵だったのに師匠 → 相談役 → お母さんとどんどん親密?な関係になっていくとか無垢の嫉妬がヤバそう。

他作品でもちょくちょくお母さん扱いされるキャラいるしオカン枠は必須なんだろうか。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.