フリーソフトやChrome拡張機能の使い方、ゲーム攻略、漫画感想など雑多な内容。

0 Comments
サバクのネズミ団!
サバクのネズミ団
ネズミ達を率いて移動要塞「サバクフネ」を操り伝説の黄金郷を目指すシミュレーションゲーム。各種作業を半自動で行うネズミのタスク管理が肝で800円のゲームとしてはかなりのボリューム感。

タスク管理を行う上で重要なのが自動で動き回るネズミの行動をどれだけ縛れるかで、拾った素材をしまう倉庫、上下層の移動に必要な梯、素材をクラフトする作業場...などの配置とその動線について色々と工夫してみた。



操作性や視認性を考慮して限界ギリギリまでエンジンを上層に設置し、下層は頻繁に使うクラフト施設(2~4部屋)でまとめた。なるべく左右対称にしたかったが使用頻度との兼ね合いが難しい。

梯の位置は中央が無難。左右の梯のスペースは炉の下に持ってくればもう1つエンジンなどを置けるが見栄え重視でこうなった。結果としては動線としてそれなりに機能している気もする。

ラボと発電所は多すぎる気もするがラボは4つあっても常にフル稼働だし、発電所は一気にレーザー用の電池を補充したいときが結構あるので何だかんだで減らしづらい。

バインドされてないネズミは寝床の辺りをうろうろするのでその横にレーザーを置くと即座に攻撃に移れる。

どのネズミも定期的に使う寝床とキッチンの手前にシュライン(超アガるケムリ/あまいケムリ)を置くことで梯を登ってきたネズミにほぼ確実にケムリを吸わせることが可能。

一通りクリアするまでキッチンで腹持ちの良い船乗りシチューを作っていたが、シュラインの効果があれば32匹いてもチーズのシチューでカロリー満タンを保てて高コスパ。

拾った素材は最下層に集まるのですぐしまえるように全ての倉庫を並べた。素材を運ぶネズミは左右端まで一通りしまう場所があるか確認して上層に移動するのでなるべく下層に集中させた方が良い。



大量に積んだエンジンのおかげでラスボスだろうとかすり傷程度で黄金郷へ辿り着ける。リミッターの無効化すら必要ないぐらい早いがレーザーの射程ですら倒せたかどうか分からないのは困りもの。

あとエンジン2つ積めばぴったり5.00ノットになるが明らかにスペースが足りない。潰すとすれば数の多いラボか発電所、あまり使わないワークベンチの片方だろうか。

周回で天然チーズを売ってお金稼ぎをする場合、エンジンのメンテナンスで加速すればあっという間にED。攻撃できなくても問題ないので素材ケチるなら1つも電池持たせなくても良い。
関連記事

Comments - 0

There are no comments yet.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。