フリーソフトやChrome拡張機能の使い方、ゲーム攻略、漫画感想など雑多な内容。

ぶんぶくたぬきのティーパーティ 4巻 感想

0 Comments
RYO
ぶんぶく4巻 表紙01
いつも以上にふみの両親がやりたい放題だった第4巻。今回はいつもの狸関連の動物コラムが無かったのがちょっと残念。

ぶんぶく4巻 01
羊毛フェルトの失敗作は何度見ても凄まじいインパクト。ふみが何かに挑戦して即失敗の2コマは恒例行事だけど、それを2連続でやらかして更に悪化させたのは流石としか。

お母さん作の羊毛フェルト以上にその横で机に顎?乗せてるお兄ちゃんが可愛すぎる。


ふみとりさが入れ替わった話でふみの身体に対するりさの発言がボロクソ過ぎて笑う。「重荷」やら「こんな姿になってまで生きながらえたところで…」発言は言い過ぎどころか絶交されてもおかしくないレベル。

それでも最後にふみは良い思いして、逆にりさは痛い目見てる辺り地味にキャラ扱うときのバランス加減が上手いなあと思う。


若かりし頃のお母さんは純粋なアホの子でほんと可愛い。

川瀬先輩のエチオピアではひとつまみの塩をコーヒーに入れる云々の話はググってみたらさり気なく実話という。本当のことを嘘というのは普通に嘘付くより質悪いぞ。

おそらくこういう事の積み重ねで現在のお母さんが形作られていったに違いない。


描き下ろしはぶんぶくにしては割と素直な話だなあ…と思ってたらお父さんの「偽装工作がバレる前に刑務所に戻らねばならないからね」発言で吹いた。仮釈放されたと言ってたのにまた何かやらかしたんだか。


ぶんぶく4巻 表紙02
まんだらけ限定の特典はお題イラストが1ページ、4コマが3ページ、質問&お便りコーナーが4ページの全8ページ。

イラスト「大人になった4人」のふみと4コマのブラックバットの姿が衝撃的。作画担当の趣味なら仕方ないですね。

何かを風刺する際に、そこに自分の憎しみを上乗せしないよう気をつけています。

質問への回答で上記の部分には感心した。確かに辛辣な台詞や風刺ネタあっても特に嫌味な感じは無いなと。漫画描くときにそこまで気を回せてる作者ってあまりいないのではないだろうか。



1~4巻の表紙は飼育部4人がそれぞれ担当したけど次巻以降は誰になるのか気になるところ。

残りのキャラから考えると1人で担当するとは思えないし、先生ズか屋島父母、大穴で生徒会組のセットってところだろうか。

関連記事
RYO
管理人RYO

Comments 0

There are no comments yet.