フリーソフトやChrome拡張機能の使い方、ゲーム攻略、漫画感想など雑多な内容。

0 Comments
ようかい5巻 表紙
ついにタイトル回収!…したもののよく考えてみると根本的な問題が未解決のままだったり。何気にメイン2人が結ばれる以上の障壁がある展開は高津カリノ作品だと珍しい。

ようかい5巻 01
5巻はメインカップル以上にジュノンとしのぎに大きな変化あったのが印象的。清純とは程遠かった2人が花束の受け渡しで真っ赤になってるのが初々しくて本当に良かった…。

その後は我儘言ったり、泣いたり、羞恥心が目覚めたり、ふくれっ面で怒ったりと一気に表情豊かになってこれで平常心保てとか無理ですわ。

まだ婚約者の件が残ってるけど、しのぎ母は作中…というか全カリノ作品を通して見てもしっかり子供のこと考えているまともな親なのであまり拗れる展開にはならないはず。

しのぎ母の「婚約者を用意するからの」はおそらくジュノンを婚約者として受け入れたいという意思の表れだろうし、その後に「娘の気持ちはなるべく尊重するからの」と言ってたから後はジュノンの心持ち次第かなあ。


先輩が本気で受験ヤバそうだし寿々は受験受かるまで肉体的な接触は控えめにしてさしあげろ。他と違って特に障壁とかないんだし無垢見習ってそこまで積極的にいかなくてもいいのよ。

受験の忙しい時期に毎日飼い妖怪の世話をこなし、寿々からアプローチで頭を抱え、篤志の修行までやるとか先輩ある意味一番の苦労人なのでは…。


美園と菊水はどういう風に落ち着くのかよく分からん。鯖のジョージと三好さんみたいに本編ではくっつかないような気はするが、恋人どころか友達ですらないのに一緒に寝たり風呂入ったりしてるのは不純な関係過ぎる…。

流石にペット兼ヒモだけの関係で終わることはないと思いたい。


最後せっかくタイトル回収したのに「そういえばこの2人まだ付き合ってなかったんだ」…と思ってしまったせいでラストが素直に喜べなかったのが虚しい。

告白直前の「私の幸せ」~「YESマン」の辺りは勢い良すぎてほんと笑う。篤志の語彙力不足が深刻過ぎて「うん」と「いいよ」ぐらいしか言ってねえ。

それでも無垢からの告白は断ってしっかり自分から言ったのは偉い。待ってましたとばかりに食い気味で応える無垢は相変わらず全くぶれなくて流石と言わざるを得ない。


親世代も込みで問題解決に向けてかなり動いたしおそらく次巻が最終回かな…と思ってたら、最近「俺の初恋に何かようかい」なんて中島先生と宮の沢の番外編始めたしあと2巻やるつもりなのかね?

あと1巻で全部の問題片付けるのは結構ギリギリだろうし、今まで最終巻に番外編を入れたことは無かったような。

人間と幽霊という美園と菊水以上に進展が読めない2人なだけに一体どうなることやら。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.