フリーソフトやChrome拡張機能の使い方、ゲーム攻略、漫画感想など雑多な内容。

1 Comments
Personal Blocklist (by Google) アイコン
検索結果から任意のサイトを除外できるPersonal BlocklistがGoogleの度重なる仕様変更で完全に使えなくなったので代替品を探してみたところ、ほぼ同機能のuBlacklistを発見。

10/13追記
10/11の更新でPersonal Blocklistのリストをインポートする設定が加わり移行が簡単になった。サブディレクトリを含むライブドアブログでも個別にブロックできるし移行先としては申し分ない。

uBlacklist - Chrome ウェブストア

ブロックリストは下記ブログのものを使用。
Google検索から2chまとめサイトを非表示にする。(17/05/20リスト更新)|vecterの日記


Personal Blocklist エクスポート
Personal Blocklistのアイコンをクリックしてエクスポートで表示されたリストをCtrl+Cでコピー。

uBlacklist 01
uBlacklistのアイコンを右クリックしてオプションを開き、先程のリストを貼り付けインポート。

uBlacklist 02
自動的にマッチパターンへの変換が行われる。OKで完了。


uBlacklist 03
検索結果の見た目、表示/非表示、ブロック/解除の方法はPersonal Blocklistとほぼ同じ。ブロック数が下ではなく上に表示されるので最初にどのくらいブロックされているかが分かる。

uBlacklist 04
URL横の「このサイトをブロックする/このサイトのブロックを解除する」でブロック/解除ができる。サイトを開いた状態でもツールバーのアイコンから同様の操作が可能。



▼Personal Blocklistとの比較

ブロックしたURLをGoogleに送信するPersonal Blocklistより動作は軽め。個人的にブロック数が上に表示されるuBlacklistの方が好み。

設定画面がシンプルなせいか膨大なブロックリストを入れていても軽く、後からリストの編集をしたいときでも楽。個別に編集する場合はページ内検索で探すのが手っ取り早い。

ブロックリスト備考
Personal Blocklistblog.livedoor.jp個別ブロック不可
uBlacklistデフォルト*://blog.livedoor.jp/*このままだと個別ブロック不可
変更後*://blog.livedoor.jp/ブログID/*一手間かかるが個別ブロック可能
ドメイン名でしかブロックできないPersonal Blocklistと違って、サブディレクトリを含むライブドアブログでも個別にブロックが可能。自分でブログIDの部分を編集する必要はあるものの、個人ブログを巻き添えにせずに済む。

uBlacklist 05
いつの間にかカード型のニュースや動画にも対応してくれてありがたい。まとめサイト以外にもYouTubeのサムネとか不意打ちで結構きついのあったりするからなあ…。
関連記事

Comments 1

There are no comments yet.
-  

Personal Blocklistが効かなくなって困っていたのですが、uBlacklistを導入してまた快適になりました。
情報ありがとうございます。

2018/10/13 (Sat) 11:04 | EDIT | REPLY |