フリーソフトやChrome拡張機能の使い方、ゲーム攻略、漫画感想など雑多な内容。

俺の彼女に何かようかい 6巻 感想

0 Comments
RYO
ようかい5巻 表紙
遂に篤志と無垢が付き合い始め大詰め感のある6巻。ただ次が最終巻という割に現状あまり問題が解決していない気がしないでもない。

ようかい5巻 01
氷華のこれまでの行いに本気で怒った無垢が超イケメン。親子(口)喧嘩で完膚無きまでに氷華を叩きのめしつつも「私の篤志君」なんてノロケも見せつけるとか末恐ろしい子。

奥さんと娘の喧嘩で胃を痛めてる氷治さんはキーパーソンっぽいのに次巻で大丈夫なんですかね。


周りがイチャイチャしてて「私も好きな人欲しい」とか訳の分からないこと言い出すアホの菊水さん…。美園は普段通りなのにそんな彼に対して独占欲むき出しの菊水に狂気を感じる。無表情で「別にどうでもいいんですけど~」とか言いつつワイド1コマを埋め尽くす台詞量がじわじわくる。

菊水が髪切ってその後の「ほんの少しだけ嫌な気持ちになった」という美園の発言と、ショートカット褒められて喜んでる菊水を見るになんだかんだお互い脈あるんだろうか。この2人って鯖の三好とジョージに近い雰囲気あるからたぶん本編中にはくっつかないだろうけど、それだけに最後どう〆るのかは凄く気になる。


巻末1/3を占めるのは中島先生と宮の沢の2人がメインのスピンオフ『俺の初恋に何かようかい』。今回も宮の沢が先生を振り回す話…と思いきやどちらかといえば先生が主導権握ってたかも。

母娘三者面談?(先生・宮の沢・しのぎ母・氷華)がカオスすぎて笑う。終始クソババアの誰かさんと違ってしのぎ母は立ち振舞から言動まで人間できてて隣の人にも少しは見習って頂きたいですねえ。

本編では出番控え目だったジュノンとしのぎにスポットが当たったのは地味に嬉しい。宮の沢に仮の身体を作る件でしのぎが「ジュノンが宮の沢の身体作るの?」とちょっと動揺して語尾変わってるのが可愛い。

「ちゃんと天寿を全うして それでも私の事が好きなら 一緒に成仏してあげる」といつやらの告白の返事を貰うシーンは中々グッときた。悪霊に死ぬまでまとわりつかれる人生をハッピーエンドと捉える先生の前向きな感じも良くてスピンオフでよくここまで綺麗にまとめたなあ。


そして読後感の良さに浸ったままカバー下を見たらまさかの先生登場。ここって鯖を除く他作品だと20歳以下のキャラぐらいしか出てこなかったからちゃんとした大人?の先生が出てくるとは思わなかった。

足フェチと知って表紙を見直すともうそういう目でしか見れない。先生の普段の目線と宮の沢の浮いてる高さを考えると確かに胸より足の方に目がいくだろうけど、幽霊とはいえ生徒をずっとそんな目で見てるのはちょっと…。

俺の彼女に何かようかい(6) (ガンガンコミックス)
高津 カリノ
スクウェア・エニックス (2019-06-12)
売り上げランキング: 2,387
関連記事
RYO
管理人RYO

Comments 0

There are no comments yet.