フリーソフトやChrome拡張機能の使い方、ゲーム攻略、漫画感想など雑多な内容。

0 Comments
ポケモン剣盾 努力値
ドーピングアイテムで一気に252まで振れるようになったとはいえ、10未満の微調整は野生を倒すのが手っ取り早い。なるべく+1だけでなく+2のものも記載。

▼努力値稼ぎ場所
努力値場所ポケモン出現率
HP1番道路ホシガリス(+1)50%
エンジンシティ外れヨルノズク(+2)剣40%
盾35%
攻撃7番道路ニャイキング(+2)30%
8番道路ゴビット(+1)25%
コマタナ(+1)20%
ワシボン(+1)剣10%
ドテッコツ(+2)剣25%
盾10%
トゲデマル(+2)5%
ソルロック(+2)剣5%
防御3番道路
ガラル鉱山付近
タンドン(+1)99%
9番道路
草むら・水上
ペリッパー(+2)40%
特攻8番道路
湯けむり小路
ユキハミ(+1)40%
特防3番道路
エンジンシティ付近
ヒメンカ(+1)30%
7番道路フォクスライ(+2)20%
素早さ2番道路
水上
サシカマス(+1)70%
カマスジョー(+2)28%
7番道路デンチュラ(+2)20%
レパルダス(+2)15%
モルペコ(+2)5%

全てシンボルエンカウント。出現率はポケモン徹底攻略のものだがあくまで参考程度とのこと。

7~8番道路辺りに攻撃・特防・素早さの+2が集中していて稼ぎやすい。剣verの方が出現率の偏りやver限定ポケモンのおかげで効率良さ気。



▼努力値の加算方式
通常+1+2
矯正ギプス(×2)+2+4
ポケルス(×2)+2+4
パワー〇〇(+8)+9+10
ポケルス&パワー〇〇 +18+20

ドーピングアイテムで10ずつ振れることを考えると後は2~8振って微調整すれば良いだけなので、わざわざ感染の手間がかかるポケルスやパワー〇〇を使わずとも矯正ギプスで充分な気がする。

バグありきならポケジョブで一瞬で稼げたりもするとはいえ、それならお金有り余ってるだろうし、個人的に微調整するならドーピング後に野生倒した方が細かいこと考えなくて楽かなあ。


あと努力値振れる〇〇のハネを各種252個ずつ集めれば現在どれだけ努力値振ってるか確認できると小耳に挟んだけど、各種10個ずつでも微調整時に最後の確認ぐらいには使えるかも。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.